ゲスト演奏

  • 2011.11.03 Thursday
  • 21:43
 文化の日の本日は出張。
M先生主催ピアノ教室発表会でゲスト演奏してまいりました。

ピアノじゃなくてテルミンです(笑)
埼玉県越谷市のホールでテルミンを弾かせていただきました。

よその教室発表会はいつ見ても勉強になります。
今回特筆すべきは、主催のM先生の段取りの細かさ。
それはもう素晴らしいものでございました。

表では1分刻みでスケジュールが組まれていて、それを見たときにもびっくりしたのですが
実際に1分のズレも起こらないってすごすぎる!!
どれだけ綿密なんでしょう。
計画通りに動ける生徒さんたちも優秀ですが、
それをまとめる先生のお力、すごいです。

こういうのを目の当たりにすると、
ピアノの先生って・・・
ただピアノを弾くのが上手なだけじゃダメで
教えるのが上手なだけでもダメで、
イベントの運営力も問われるんですよね。
企画、予算、人員配置、構成、なにもかもです。

ピアノ教師はこれらすべてをひとりでやらなければならない。
普通の会社ならば適材適所、「課」分けされて、何人もの人数でやるところです。
(しかもそれができて当然のごとく生徒には求められてしまう!)
わたしが言うのもなんですが、酷な職業だと思います。

ご本人は謙遜されてばかりでしたが
あれだけの人数をまとめて会を運営するって並大抵のことじゃないです。

ちょうど、次のりすのーとの発表会の計画を進めているところなので
今回は特に運営部分でいろいろと勉強させていただきました。

M先生、貴重な機会をありがとうございました。
またM先生との出会いを作ってくださったますこしょうこ先生にも大感謝です。




大きな大きな花束をいただきました!
うちじゅう百合のいい香りで満たされています(^^)

コメント
ようこさん、コメントありがとうございます。

本当にそう!!(両こぶしを握り締めながら)
この仕事って結構お気楽に思われることがあるんですよね〜。
やらなきゃいけないこと、できなきゃならないことは山ほどあるし
(むしろ音楽以外の部分の勉強が必要!)
レッスンでの姿はほんの一部と思ってもらえるといいんですが(^^;

M先生の発表会は
14:23 ○番 ○○さんの演奏 
14:25 ○番 ○○さん
という具合に、すべての進行が予定組みされていて、
時計を見ると本当にその通りなんです。
すごすぎでした。
ピアノの先生って、ピアノの前に座って、ただ聴いて
適当にしゃべって、丸をあげて、お気楽な仕事のように思っている人が大勢いますが
1人で、何役もこなさないといけない過酷な仕事ですよね。

それにしても、よその発表会に行くと、本当に勉強になりますね。

1分刻みでスケジュールが組まれて、当日のスケジュールに狂いがないなんて、すごすぎですね。
  • ようこ
  • 2011/11/04 1:59 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM