テルミン&エレクトーンのコンサートがあります!

  • 2016.10.21 Friday
  • 00:19

来月、宇都宮市妖精ミュージアム前のスペースにて

テルミンとエレクトーンによるコンサートを行います。

 

ここ2〜3年はクローズドなイベントのゲスト演奏で弾くことが多かったですが

久しぶりにオープンな場所での演奏です。

 

エレクトーンはもちろん中原身和子先生!

このたびもお世話になります!

 

きのう、2回目の合わせ練習のためになかはら音楽教室にお邪魔してきました。

 

 

テルミンは今回はMOOG社のものを使います。

「Etherwave Pro」

この楽器、かなり貴重なんですよ〜。

 

この縦型テルミン「EtherwavePro」自体も生産台数が少ないんですが、

わたしの所有するこちらは背面が木材で、特に希少な機種(普通のProは金属で黒色)

 

狙って買ったわけではなく、たまたま買ったものがそうだったという(汗)。

日本へ最終輸入された5台中の1台だったのでした。

 

この楽器の持つ機能を使いこなしているとはとても言い難いですが

少しでも魅力の伝わる演奏ができるように精進します!

 

  ◆◇◆市民プラザコンサート◆◇◆

         《入場無料》

 

日時 11月13日(日)14:00〜14:40

 

場所 妖精ミュージアム前(表参道スクエア5F)

 

出演 リス音(テルミン)

   中原身和子(エレクトーン)

 

曲目 白鳥

   亜麻色の髪の乙女

   Je te veux など

 

   ◆◇◆ ◆◇◆ ◆◇◆ ◆◇◆

 

どうぞいらしてくださいね(^^)

 

ジュリアーノ・アドルノ先生による特別レッスン開催!

  • 2016.10.16 Sunday
  • 03:09

教室内では6月時点で告知済なのですが・・・

 

来る12/4(日)、イタリアのピアニスト、ジュリアーノ・アドルノ先生が

りすのーとで特別レッスンを行ってくださることになりました!

 

ジュリアーノはわたしがパリのエコール・ノルマル音楽学校にて

国際夏季講習を受講した際に知り合った受講生の一人です。

 

この講習会は世界各地からピアニストを志す人が年齢や国籍の制限なく集まり、

約10日間にわたり朝から夜までレッスンやコンサート、

マスタークラス(著名なピアニストによる公開レッスン)が行われるもので

わたしは2002年・2004年・2006年と隔年で3回受講しました。

 

ここから巣立ったピアニストは数多く、当時の仲間は世界中で活躍しています。

ジュリアーノもその一人で、

現在はイタリア内外でのコンサート活動や音楽学校で後進の指導を行っています。

 

今秋、ジュリアーノが日本でリサイタルを行うため来日することになりました。

 

東京公演のチラシです。

   ↓↓

 

滞在期間中に日本でピアノを学ぶ人たちと交流したいという話になり

今回の特別レッスンのプランが浮上しました。

 

外国人ピアニストのレッスンを受けられる機会はとても限られていますし

ここ宇都宮においてそうした機会を得られることは本当に貴重だと思います。

 

音楽の道を志す如何にかかわらず、りすのーとの皆さんには

ぜひジュリアーノとの交流を体験していただきたいと考えています。

皆さんにとって必ず刺激的なものになると期待しています。

 

レッスン中は通訳の先生にご同席いただきますので

言葉の心配も不要です(わたしも含め(^^;)

 

今、告知プリント第2弾を作成しているところです。

来週から配り始めますので、生徒の皆さんは順次ご返答くださいませ(^^)

 

わたしもとっても楽しみにしています!!

 

 

ジュリアーノと平野裕樹子さんのコンサートは東京公演の他、名古屋公演もあります。

詳しくはフォッシオー(Fossio)の公式サイトをご覧ください。

 

ドラゴンクエストコンサート

  • 2016.09.11 Sunday
  • 03:41

9/10午後、

宇都宮のお隣・壬生町にあるホールへ行ってきました。

ドラゴンクエストコンサートです!

 

 

憧れのすぎやまこういちさんを生で拝見。

しかもアンコールでは直々の指揮!

もう感無量。

 

わたしが音楽の道に進もうと思ったのも

すぎやま氏の影響が大きいといっても過言ではないのです。

 

--

 

DQのCDをよく聴いていたのは特に小学校高学年〜中学生の頃。

当時はファミコンで、同時発音数4とかそういう時代。

今ちょっと調べたらサイトによっては3音とも2音とも書かれていて

よく分かりませんが実際に楽音として使えるのは4音もなかったようです。

主旋律プラス、簡単な和声または対旋律であの表現力と世界観・・・すごいなあ。

 

それまで耳にしていたロマン派以前のクラシックや巷のポピュラー曲とも違う

変拍子やぶつかり合う和声が珍しくておもしろくて、熱心に聴き入ったものです。

将来はすぎやま氏のもとでゲーム音楽をやりたい!と当時は半ば本気で思っていました(^^;

 

聴いているうちになんだかいろいろ昔のことを思い出してしまいました。

ドラゴンクエストは今年で誕生から30年目とのことです。

きっと他のお客様もそれぞれに脳裏によみがえる景色、こみ上げる思いがあったのではないかなあ。

 

--

 

すぎやま氏、現在は次作DQ11のために約60曲に及ぶ新曲を制作中とお話されていました。

なおかつ今日のようなコンサートも各地でされていて、いやはやものすごいエネルギー。

 

 

つい数日前には、最高齢でのゲーム音楽作曲でギネス認定されたというニュースを目にしたばかり。

85歳!とてもそのようには見えなかったです!

ステージ登場の際に「レベル85です」とおっしゃっていて和みました(^^)

 

 

あっという間の2時間。

自分の原点に帰れたような、そんなひとときでした。

 

さあ明日からもがんばるぞー。

録音応募その後

  • 2016.09.06 Tuesday
  • 00:52

長らく更新していない間に季節はすっかり秋・・・

これからはもう少し頻度上げて更新します(^^;

 

さて、ピアノランド録音応募のその後です。

◆レコーディングの記事はこちら→Click!

 

7月中旬、樹原先生からKくんにメッセージが届きました。

 

 

1曲にこれだけのアドバイス。

こんなきめ細かいフォローを応募者全員に・・・

想像しただけでため息が出ます。

 

いつもよく笑い、あっけらかんとしているKくんですが

教室でわたしと一緒に読んでいるときは神妙な表情でした。

作曲家から直接メッセージをいただいて何か感じることができたかな?

 

Kくんにはセミナーでの記念演奏へのお誘いがあったのですが、

都合により出演はできませんでした。

これからもこつこつとがんばって、またいつか機会に恵まれますように。

 

・・・

 

そしていつか生徒達とピアノランドフェスティバルにも行けるといいなと考えています。

宇都宮は秋休みがある関係で、夏休みは短め。

コンサートの日はもう学校が始まっていたため

残念ながらりすのーと勢は東京公演には行けませんでした。

 

以前はよく生徒さん達と連れ立ってコンサートやイベントに出かけたものです。

子育てが始まってからは叶っていないのですが・・・またいつか必ず!

 

・・・

 

今しがた、9/5更新の樹原先生のピアノランド動画講座を視聴したところです。

自宅にいながら講座のエッセンスを受け取ることができるなんていい時代。

ピアノを学んでいるたくさんの人に見て欲しい!!

 

こちらです。→Click! 曲のコードと機能を分析しながら、生き生きと弾こう!

 

 

 

 

 

デコ巻き寿司を作りました。

  • 2016.07.01 Friday
  • 23:53

デコ巻き寿司講座というのに参加してきました。

 

DSC_0143_20160701214654.jpg

 

あじさいとペンギン。

 

かわいい・・・

 

ペンギンの頭の黒はすりごまとゆかり、

目は野沢菜漬け、くちばしはチーかまです。

 

あじさいは工程が多くて難しかった。

上の2輪はそぼろの薄桃色、下の1輪はゆかりの紫。葉っぱはきゅうりです。

写真は色があまり良くないけど、色の対比がとても綺麗。

 

手巻き寿司でアートしようって最初に考えた人、すごいなあ。

きっと何を見ても

「これを巻き寿司で表現するには・・・」

「この部分は海苔をこう巻いて・・・」

「この形を表現できる具材は?」

・・・なんて思考回路なんだろうなと勝手に推測します。

 

 

さて、デコ巻き寿司講座。

 

こういう手の込んだこと、自らは絶対に(絶対に!)やらないですけど

娘(1)の通う未就園児施設で案内を見て、託児付きということもあり即申し込み。

 

子供が出来てからはコンサートも講座も以前のように気ままに行けず

涙を飲むことの方が多いんですが、

その代わり、現役ママじゃないと行けない場所やイベントには

積極的に参加するようになりました。

なるべく選り好みせず、自分の興味の外にあるものにも顔を出しています。

 

何もかも新鮮で刺激的。

知らなかった世界から学ぶことがたくさんです。

 

巻き寿司講座もすごく楽しかった!

 

ちなみに息子(5)、最初はかわいくて食べられないなんて言ってましたが

食べ始めたらあっという間でした。

 

自分でも作ってみたいと言っているので

簡単な図柄を探してトライしてみようかな?

 

 

録音応募用レコーディング

  • 2016.06.25 Saturday
  • 07:27

レコーディングしました。

 

CIMG1281.JPG

スタジオミュージシャンみたいでしょ?

 

どちらのピアノで録ろうか迷いましたが

小型ながら音色変化が豊かでコントロールしやすい左側のピアノで。

 

ヘッドフォンをして弾くのに最初は慣れないようでしたが

だんだん楽しくなってきたようで

「今録ったのもう1回聴かせて!」「これはダメ・・・」

うまくいかなかったところを部分練習しては録り直し。

 

思い通りの音色とアーティキュレーションで間違えずに弾けたときは笑顔がはじけてました!

一度取り組み終えた曲だったので余裕を持ってのぞめたようです。

6回目くらいで本人も納得のOKテイクが録れました。

 

作曲家から直接アドバイスいただけるなんてとても貴重な機会ですからね。

樹原先生からコメントが届く日をとても楽しみにしています。

 

 

さて、録音に使用した機材はこちら。

CIMG1280.JPG

Roland CD2

何年前に購入したか書こうとしたけれど思い出せない・・・。

少なくとも7年前には使っていた記憶があります。

 

録音メディアがコンパクトフラッシュというところに時代を感じます。

後継機種が出てしばらく経ちますが、今のところ問題なく使えるのでまだまだ現役。

 

これ1台で簡単に重ね録りができるので

自分で弾いたピアノにテルミンを重ねて録音というのをよくやります。

 

そしてピアノランドの録音というからには重ね録りは欠かせません。

今回もこちらで事前準備。

CIMG1278.JPG

Roland MT90U

ピアノランドのレッスンには必須のMIDI音源再生機。

 

前面のヘッドフォン端子からCD2のINにケーブルで繋ぎ ←テルミンでも使っている高品質ケーブルです!

バッキングデータをあらかじめLINE録音。

ピアノと重ねたときに最適なバランスになるよう音量レベルを調整しておきます。

もちろん後からも微調整は行います。

 

 

ピアノの録音にはコンデンサマイクを使用。

過去に録音のアシスタントをしていた頃にプロからお勧めされたマイクです。

CIMG1277.JPG CIMG1276.JPG

マイクの位置はいつも悩みます。試行錯誤して今回はこの位置に。

 

ヘッドフォンでバッキングデータをモニターしながらピアノを弾きます。

CIMG1282.JPG

提出用のTakeは録り終わっていますが写真撮影用にもう一度弾いてもらいました。

終わってリラックスしている方がうまくいくかしらと思いましたが

さっきの方がよく弾けてました(^^; 

やっぱり緊張感って大事・・・

 

CDできました。

CIMG1284.JPG

パソコンを通さずこれ1台でCDが作れるのは手軽で便利。

 

今回は使いませんでしたが各種エフェクトもあるんですよ。

ホールで弾いているような残響をつけたりもできます。

 

わざわざマイクを繋いでバランスを考えるのが面倒なときは

内蔵マイクでの録音もできます。

設置場所さえきちんと考えれば内蔵マイクでも遜色ありません。

 

今後はできるなら天井吊りマイクも試したいところ。

塗り壁で響きの良い部屋なので、ピアノに近い場所よりも空間を録る方がいい音で録れるかも。

録音品質を高めるためにこれからもいろいろやってみようと思います。

 

Kくん、初めてのレコーディングおつかれさまでした!

 

調律しました!

  • 2016.06.16 Thursday
  • 14:37
調律していただきました!

2台とも、ピッカピカの美音です!


DSC_0132_20160616141124.jpg

ピアノランドフェスティバルの録音応募、楽器の方はこれで準備ばっちりです!

あとは演奏に磨きをかけるだけ・・・

りすコン2016その3

  • 2016.06.10 Friday
  • 00:56
りすコンその3はプログラムのお話。

中身はこんな感じ。

fMgI8GP3teWqlT71465481106_1465481136.jpg 
なんてことないプログラムですが、文字の大きさやバランスなど見やすさを考えて作ります。

前回(りすコン2014)から始めた、顔写真+手書きの文字入りページ。
Yn8NMOlpYQhm6tv1465481245_1465482415.png
ピアノ教師のカリスマ、ますこしょうこ先生のサマーコンサートに出演させていただいたときに
そのプログラムに感銘を受け、アイディアを真似させていただいています。

以来、もはや顔写真と手書き文字は必須と思うようになりました。

1冊作るのにけっこうな時間を費やしますが、残したくなるプログラムを目指しています。

顔写真入りプログラムは、個人情報に配慮し、ご家族やご友人のみへの配布にとどめています。
それ以外の来場者には文字のみのプログラムの配布とさせていただきました。



そしてそして。
りすコン2016のプログラムの目玉はなんといっても表紙です。


例年はわたしが描いたリスのシルエットの表紙なのですが、
今回は絵の得意な生徒さんにお願いしました。中学生の女の子の作品です。

J2QgjY8lMSIjXcC1465482532_1465482613.png
美しい・・・
美しい・・・
美しい・・・


こんな素敵な絵を描く才能があるってすごくうらやましい。

とても良いピアノを弾く子なんですが、今回は学校行事と重なり発表会には出られず。

代わりにイラストで盛大に参加してもらいました。

毎回 記念品の一部として配るお菓子、今年はおせんべい。
そちらにも、表紙のリスさんが登場です。

CIMG1185 (2).jpg

ピアノ柄の方はメーカーで用意された固定デザインのものです。
何回もメールのやり取りを重ね、試作品も何パターンも作っていただき
納得いくオリジナルデザインに仕上がりました。
お客としてはかなりの小口だったと思うんですが、それなのに細やかに対応してくださって感動しました。
また機会があれば利用したいです。

木村のプリントせんべい
おせんべいの専門店なのでお味ももちろんおいしい!

〜〜〜〜〜

さて、このへんでりすコン2016の特集はおしまいです。

もうわたしの頭の中ではりすコン2017の構想が始まっています。
今年度は下半期にいろいろと予定があるので時間のある今のうちに考えておかないと。


課題はたくさん。
でも一つ一つクリアして、生徒さん達の心に残るより良い発表会を目指して精進してゆく所存です。

 

りすコン2016その2

  • 2016.06.05 Sunday
  • 05:43
プログラムの最後には「お楽しみ講師演奏」と称して
ピアノの先生4人で8手連弾をしたのです。

これがまた楽しくて・・・!




ラヴィニャック作曲の『ギャロップ・マーチ』。
タイトルの通りギャロップ(馬が駆ける)でマーチ(行進)なのでぎゅんぎゅん進みます。

鍵盤上に大人の8本の手がひしめき合い、交差し・・・
それなりに速いテンポということもあり、ちょっとでも気を抜くと置いて行かれる!

合わせ練習は1〜2回でいいかな〜なんて最初は考えていたんですが
結果的に4回やりました(笑)

先生方、お忙しいのにたくさんお時間作っていただいてすみません(汗)
M先生のお宅で練習させていただきました。会場ご提供ありがとうございます!



曲の途中でゆるやかになる部分が2か所あります。
ここでは2人が手が空くので、何かしたくて考えた末・・・

マジックをしました。


S先生が空中から取り出した赤いハンカチ。
えっ?どうやったの??

わたしはそのハンカチを受け取り、たまたま持っていた白い花にかぶせてみました。
すると・・・あら不思議!

(となるはずが、あんまり洗練されてない出来栄えになってしまい悔やまれる・・・)

で、戻ってまた4人で演奏。

そして今度はさっき弾いていた2人がピアノから離れます。


M先生はお得意のカメラでステージから記念撮影です。
ピースで決めるH先生。
はいチーズ!


そしてまた4人。
16分音符の速いパッセージを全員で弾くという難所を経て


Tutti!
最後は全員笑顔!

ほんと楽しかったんです。
機会があればまたやりたいなあ。
マジックももっと練習積みます!(笑)


ご協力くださった先生方には撮影や裏方などいろいろとお手伝いもいただきました。
りすのーとコンサートを盛り上げてくださってありがとうございました。
心より感謝いたします。



楽しかった発表会。
おつかれさまでした!




ついでに。

息子(年長)と連弾もしたのです。
ピアノランド1巻より「きつつきさん」

こんな日が来るとはね。

1歳の娘は控室でほとんど寝ていたそうです。
この子もいつか弾くのかな。



りすコンの記事はその3に続きます。

りすコン2016その1

  • 2016.05.23 Monday
  • 01:13
さて、ブログ再開はじめの話題は、やはり去る3月のりすコンについて。

第1部は生徒の皆さん渾身の(であってほしい)ソロ。

りすのーとコンサートの選曲は基本的に生徒さんまかせです。
皆さんそれぞれに個性ある曲を演奏されました。

全体的には練習量に比例した出来栄えだったように思います。
レッスンでの課題もいろいろと見えたソロ演奏でした。

第2部のアンサンブル(連弾)の部は・・・

今回は2年ぶりになりますし、華やかなステージにしたいなと考えておりましたので
目新しいことにチャレンジです。

1台4手のみならず、1台6手、1台8手、それからリレー連弾も取り入れてみました。

リレー連弾は椅子を置かずに全員立って弾きます。
1グループ3~4人で、弾きはじめは1人。

1フレーズごとに鍵盤左(低音部)から右(高音部)にスライドし、徐々に人数が増えていきます。
一番右まで来た奏者は弾き終わると素早く一番左(低音部)に移動します。


 

易しいフレーズとはいえ、自分のポジションを見失わないように、流れを止めないように・・・
気を付けることはたくさんありますね。

動きがあるのでついついじっと見入ってしまいます。
スリル満点で(笑)楽しかったです。


1台6手は3人、8手は4人が並んで弾きます。

6手は過去にも発表会でトライしたことがありましたが8手は初めて。
みんなで弾いたら楽しいだろうな、という軽い気持ちでしたが
これがまた合わせるとなると至難の業で。

4人並ぶと右端と左端の人の手はお互いよく見えないので音とグルーヴで感じて合わせるしかない、
息を合わせるのはなかなか高度な作業でした。




合わせ練習するにも全員の都合が合う日はとても少なく、どのグループも2~3回がやっと。
それはあらかじめ分かっていたので、事前にわたしがデータを作ってMIDIデータやCDで生徒達に渡し、
各自、自宅でみっちり合わせてもらいました!
(このデータ作りについてはまた後日)

結果、個々人の多少のミスはあったもののなかなかうまくいったと思います。
参加者みんなから「楽しかった」という声が聞けたので
成功といっていいのではないかな。

写真はわたくし。渾身のソロ(笑)。

ショパンのバラード3番を弾きました。

りすコンのお話はその2に続きます。


 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM