新しいスピーカ

  • 2009.06.12 Friday
  • 23:13
テルミン専用の新しいスピーカです。



「鳴りの良さが自慢」とメーカーサイトに書かれている通り
あたたかくてとっても良い音がします。

そしてグランド・スタビライザも仲間入り。
これでアースのとれない会場でもテルミンが安定します。

アースなしの演奏が難しかったうちの秘蔵っ子e-winds(手前に写っているテルミンです)も
これからはノイズの不安なく外で弾けるようになります!

いつも外で弾いていたEtherwaveProはアースなしでもそこそこ安定するタフなやつでしたが
運ぶとき重くて大きいのが難でした。

e-windsは電車移動も楽にでき、テルミンと一緒の行動範囲も広げることができるのもうれしい。

さらに言うと実はe-windsの音の方が好みなのです(^^)
深みのある、ニュアンスのある音がします。

音環境が変わり、音楽の幅も広がりそうでますます楽しみです。

3/29 科学ランドコンサート

  • 2009.04.01 Wednesday
  • 20:15
わくわくグランディ科学ランドの企画展「音の科学展」で
テルミンを弾いてきました。

 

写真は伴奏をお願いした中原先生からいただきました。ありがとうございます!

中原先生には編曲やPA機材や何から何までお世話になりました。
本当にありがとう!!中原先生にお願いして良かった!

終演後は常設展示や企画展、サイエンスショーなどをたっぷり楽しみました。
音にまつわる展示やイベントが目白押しで興味もひとしお。
わたしはとくにパラボラに感心しました。

自分の演奏は「・・・(汗)」ですが
楽しいイベントに参加させていただいて
科学ランドの方々には心から感謝しております。

--

個人的なビックリ事件も書いておかねば。

中学〜高校の同級生Tちゃんがこの日のコンサートに遊びに来てくれました!!
高校卒業後、年賀状のやり取りだけは続いていたのですが
直接会ったのはこの日が○×年ぶり!!

年賀状にサイトアドレスを書いたらここを見てくれたらしく
わざわざ隣県から聴きに来てくれたんです(;;)

昔の呼び名で突然呼ばれたものだから
思わず固まっちゃったよTちゃん!!(笑)


    ↑
  いただいたお花の中に・・・

   リスが!!
    ↓


左側はたぬきかな?あらいぐまかな?

や!きっとたぬきだ!!そうだよねTちゃん(笑)

さっそく飾らせてもらいましたよ〜!
どうもありがとう!!

コンサートを終えて。

  • 2009.01.12 Monday
  • 00:38
ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。
南浦和教室の生徒さんがお越しくださっていてビックリ!
心から感激しました。わざわざありがとうございます。

--

さて、
公の場でこういう日記を書くのもなんなのですが・・・

今回はおよそ自分が経てきたテルミンの本番の中でも
思い出すのがつらくなるようなステージでした。
見苦しいのは承知ですが
解決策ははっきりしているので次回に生かすべく自分への戒めとしてここに記しておきます。

まず1つ、
電源の取り方を失敗。

会場の電源環境を事前に調べておかなかった。これは自分の怠慢。
壁から直接電源をとることができず、アースもとれず
たこ足+たこ足というテルミンにとっては最悪の状態。
電気の供給が安定せず、ピッチが定まらない。

テルミンにとっての電気は、管楽器にとっての息のようなもの。
例えるなら、楽器に吹き込む息がたえだえになったり安定したりという状態が断続的に続くのです。

これまでも会場によっては電気の質が悪く思うように弾けないことがありましたが
今回はさらに悪いことがありました。
それが2つめ、以下です。

モニタースピーカがモニターの役割を果たせなかったこと。
これは大問題でした。

本番でいざ弾き始めようとしたら音が鳴らず(お客さまの耳には届いていたようですが)、本当に焦りました。
自分の音が聞こえない!

リハーサルでは問題なくモニターできたのになぜ!?
こんなことは初めてで頭の中が真っ白に・・・!
耳だけを頼りに演奏する楽器で自分の音が聞こえないほどおそろしいことはない!

最大音量にしても自分の耳には蚊の鳴くような音しか聞こえないため
演奏前に重要なチューニングができませんでした。

電気はゆらゆら不安定だし、楽器は音程が狂ったままの状態・・・
正しい音が上手につかまえられず、
とくに低音域や高音域では音を外しまくりで非常に焦りました。

冷や汗かきながらの1曲目が終わり、挨拶もそこそこにお客さまに「聞こえてますか?」とお聞きすると
客席には音は届いている様子。

真ん中より上のボリューム(メゾフォルテやフォルテ)にするとかろうじて自分の耳にも届くので
やむを得ずほぼ一定の音量で演奏、
小さな音は全然聞こえないので、ピアノやピアニッシモの表現はこわくてできず・・・
結果、おそろしく表現幅の狭い演奏になってしまいました。

帰宅後、客席後方で録音したものを聴きましたが
聴こえてくるのは「ただ音を鳴らしているだけ」の単調な音、
あまりにも退屈な演奏で耳を塞ぎたくなりました(>_<)

およそコンディションが良いとは言えないこの状況、
テルミンを初めて聴きに来てくださった方には楽器の魅力をお伝えすることができず
申し訳なく思っております。


今回の問題は2点とも
自分自身で環境を整えれば回避できたことですので
環境整備の必要性をいっそう強く感じました。

良質の電源、アンプ、スピーカ、PA機器類・・・などなど
揃えるべきものは山ほどあります。
ああ、思う存分設備投資できる身分になりたい。

きょうの自分はがっくり気落ちしています・・・。

6/8 テルミン弾いてきました。

  • 2008.06.10 Tuesday
  • 14:08
お友だちのピアノ教室おさらい会で
2曲ほど、ゲスト演奏してまいりました。
自分の演奏のあとは友人先生の演奏するマトリョミンの伴奏。

体験コーナーでは何人かの生徒さんにテルミンを試していただきました。
やっぱりピアノやってる生徒さんは音感と鍵盤の感覚があるから
音程をとるのはすぐにできるようになりますね〜。
自分の生徒のときも思ったけれど。

「ふるさと」のメロディをすぐに完璧にとれるようになった子もいて
場内のお客さまにも「おぉ〜!」と感心されてましたよ。

会の後半には電子ピアノを使う生徒さんのためのFAQコーナーもあって
電子ピアノについて少々説明させていただきましたが
毎度人前での話の下手なわたくしですみません・・・。
少ない時間でもっと端的に、しかも印象的に要所を語れるようになりたいなあ。

この日のおさらい会に出た生徒さんたちは今月下旬に行われる
発表会の予行も兼ねていたとのこと。
プログラムを一足先に見せていただくと、
合同発表会だけあってたくさんの出演者!
盛会をお祈りしてます(^^)

偶然にも、同じ日にわたしもさいたまで自分の教室の発表会があるので
残念ながら聴きに伺えないのですが
お互いがんばりましょうね!


文末ですが宣伝。

親子のためのコンサート、もう今週末に迫りました。

連弾で弾く「動物の謝肉祭」の中の「化石」という曲が好きで
練習にも身が入ります。
この曲、きらきら星や月の光などのフランス民謡のモチーフが入っていて
とってもかわいらしいんですよね。

チケットまだありますので
ぜひぜひお越しください!

お問い合わせは
当ブログ・プロフィール欄に記載されていますメールアドレスまでお願いいたします。

テルミンの特別講座

  • 2008.02.16 Saturday
  • 18:17
2/11(月祝)、池袋のコミュニティカレッジで行われた
竹内正実先生によるテルミン特別講座を受講してきました。

とても勉強になり楽しかったです。
竹内奏法と呼ばれるものは確かに間近で見てもじつに合理的な奏法でした。
分かりやすいし、誰でも会得しやすい。

わたしの弾き方と竹内先生の奏法がかなり異なるのは前々から承知していたので
自分自身ではあまり戸惑いはありませんでしたが
先生からご覧になるとご指摘なさりたいことがたくさんあるご様子でした(^^;
(へなちょこすぎてごめんなさい)

あれからわたしも練習のときに真似てみるのですが
こと右手(音程をつかさどる方)に関してはミスが減り、やりやすいです。
左手の扱いは異なりすぎて真似ることすらままならないのですが・・・。

竹内先生のレッスンでは音楽用語が普通に飛び交っていましたが
あれを即座に全部理解できる生徒さんはどれだけいらっしゃったのか
ちょっと疑問です(グループレッスンでした)。
宗教曲への理解、ドイツ音名、和声学、コードネーム等々。
「ドッペルドミナント」と聞いてどれだけの人が分かるのか
わたしにはちょっと想像がつきません(^^;

少なからず音楽理論や音楽史の心得がないとついていけないかもしれません。
どなたも質問なさっていなかったから理解されていたのかな・・・。

こんなことを書くのは恐れ多いのですが(でも書いちゃう)
この日拝聴した竹内先生のテルミン演奏へのお考えの中でも
曲全体を解析・理解してから表現したいという思いを持って取り組まれるところは
自分の考えるものに近いと感じることが出来ました。

わたしの質問にも丁寧にお答えくださり感謝しています。
でも聞きたいことはまだまだいっぱいあります!
関東圏で竹内先生のプライベートレッスンを受けるのは困難とのことですが
機会があればまたぜひとも受講したいです。

--

余談。

音楽指導者という視点で見れば竹内先生とは同業者でもあります(笑)。
格が全然違うのは言うまでもありません。

短い時間で生徒の長所と短所を見極め、
初対面の相手にも通じやすい言葉で、問題点や今後の課題をコンパクトにアドバイスされるお手際は、
重ね重ね無礼ながら、
見事だなぁと感心しながら拝見しました。
ざっくりと全体を見渡しながらおおまかなポイントを1つか2つだけ提示するやり方ですね。
指導に無駄がなく、言葉かけのタイミングも絶妙。

自分の場合、大人の生徒さんや体験レッスンのときには同様のやり方をしますが
この日は生徒と指導者の表情を客観的に見ることができ、
自分のやり方を見直す機会にもなりました。

テルミン実技そのものだけではなくて
指導法の勉強にもさせていただき
とても充実した2時間でした。

テルミン2重奏

  • 2008.02.08 Friday
  • 16:12
きのうのテルミンのレッスンで
先生にお願いして、わたしにとっては初のテルミン2重奏をしました。
曲はモーツァルトの「Ave verum corpus」。

わたしが主旋律だったのですが
2ndパートのトリ音先生の方が圧倒的に良くて(当たり前!)
自分のパートを弾きながら、先生の音にうっとり聴き惚れていました(^^)

しかし「Ave verum corups」は本当にきれいな曲ですね。
近々またソプラノ+ピアノ+テルミンの企画があるのですが
メンバーにお願いしてやらせてもらおうかな・・・。

12/23 クリスマスコンサート 宇都宮市まちかど広場

  • 2007.12.28 Friday
  • 02:56
12/23(日)、宇都宮市シンボルロード沿いのまちかど広場にて
クリスマスコンサートが開催され、テルミンで出演しました。

  

宇都宮は前日夜半から雨模様。
野外ステージということで開催も危ぶまれたのですが
関係者の願いが天に届いたのか、午後は青空も見えるほど晴れ
ぶじ開催の運びとなりました。

テルミンは身体が1mm動いても音程の狂いとなって表れてしまうため
寒さで震えたりしないように
当日はものすごく着込んでカイロも貼って防寒。
幸いステージ上ではあまり寒さも感じず演奏することができました。
たぶん聴きに来てくださった方の方が寒さが身に沁みたのではないかと思います。
寒い中のご来場ありがとうございました。


生徒さんからいただいたお花の中にリスが!
     ↓ ↓


ありがとう!!

10/18 シティホールふれあいコンサート at 宇都宮市役所

  • 2007.10.21 Sunday
  • 00:50


シティホールふれあいコンサート。
宇都宮市役所1Fロビーにて演奏してきました。

会場入りして、大掛かりなPAにまず驚き。
(こちらからはお願いしていなかったのだけど、
 結果的にはすっごく助かりました!大感謝!)

地元テレビ局が来ていてさらにびっくり。
地元紙の取材まで受けちゃいました。

演奏のほうは、
9月の赤坂が満足いかない出来だったので(←控えめな表現)
あのあとけっこう落ち込んでいたんですけど
今回は慎重に臨みました。
立ち方・フォームを変え、弾き方も工夫しました。
おかげさまで悪くない出来栄えだったと思います。

ただ、ニュースで放送された自分の姿を見てがっかり。
すごい傾斜した姿勢で見栄えが悪い・・・。
安定して弾きやすい姿勢を編み出したつもりでしたが
あれはちょっと反省の余地ありだわ・・・。

反省材料。
  ↑
とちぎテレビのサイトにジャンプします。
左側カレンダーの2007年10月18日をクリックすると動画が見られます。
注:美しくないです。


ピアノ伴奏はいつもの篠? 左和子さん。
篠?さんの伴奏は回を重ねるごとにぐんぐんテルミンがのせやすくなっていて
すごく弾きやすい。マトリョミン効果かな(笑)
楽器の特性を分かってくれているし、和声感もあってとっても心地よいです。
わたしは篠?さんの思慮深い演奏が大好きなのです。
出会いのきっかけはフランス語教室。
クラスは違うのですが、先生が紹介してくださったのがご縁です。先生に感謝!


今回のコンサートがきっかけでテルミンの活動予定が増えました。
すごくうれしい。
市の職員の方もとても親切でした。
お花もいただいて、気持ちよく帰ってまいりました。
これからもがんばろーって気になったです!

9/30 トリ音せんせいライブ at 西荻窪ビストロサンジャック

  • 2007.10.04 Thursday
  • 02:13
もひとつ9/30(日)の日記です。

ピティナ指導セミナー終了後、大塚から西荻窪へ。

テルミンのトリ音せんせいのライブが
西荻窪のかくれ家レストラン「ビストロサンジャック」にて行われました。

おいしいお料理をいただきながらのゆったりしたライブ。
またこのお料理が見た目も美しいわおいしいわで
メニュウに載ってるもの全部食べたくなっちゃいました(笑)。
ちなみにわたしがいただいたのは
タスマニアサーモンのムニエル バジリコ風味。(リンク先にお料理の写真があります)
温野菜がついていたのもうれしかった!

ライブはギターとのデュオで、クラシックやボサノヴァなどが中心。
テルミンでここまでの表現ができるんだ・・・と
唖然とするほどすばらしかったです。

トリ音せんせいは弾いている姿も美しくって本当に憧れです。

同じ楽器をやってるのにこうも違うものかと
恥ずかしくなったです(-_-;
・・・ガンバロウ。

9/9 カーサクラシカ ライブ

  • 2007.09.10 Monday
  • 20:15
ピアノ+ソプラノ+テルミン ノオト



ぶじ終了です。
お越しくださった方ありがとうございます。

星野さんはふだんオーケストラをバックに広いホールで歌っている方。
小さな会場で声量調整も必要だったと思うし
テルミンのアンテナに近づくとピッチが狂うので
ほとんどその場から動けずに歌っていただいて
やりにくくさせてたかも・・・申し訳ない。
合わせ練習のときや当日など、星野さんの優しい声かけにどれだけ励まされたことか。
大感謝です。

番さんにはいろいろと力になっていただきました。
企画の当初はピアノ伴奏だけをお願いしていたのだけど
プログラムの構成や編曲、当日の司会進行までこなしてくれて大助かり。
楽譜もたくさん書いてくれて、この場を借りて、本当にありがとう。

トリオは難しかったけどとても楽しかった。
番さんの編曲と元気に、星野さんの歌声と器量に助けられたライブでした。
またいつかこのメンバーでやれたらいいな。

当日の模様をカーサクラシカの「ライブ日記」で
写真とともに記載いただいています。

(↑この日記は1週間程度で流れます)

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM